好きな人に間違った気遣いをしていませんか?

間違った気遣いをしていませんか?

女性が男性にたいしてやりがちな勘違い。それは、「気を遣って、相手に合わせる」こと。その気遣い、ちょっと余計じゃありませんか?

 

多くの男性は、その気遣いに苦しめられているのです。

 

映画に行き、何が見たいか聞くと、「○○くんは?」のオウム返し、何を食べたいか聞くと、「○○くんの食べたいもの」という返事。

 

それであとから、「本当はこっちが見たかった」だの「あれが食べたかった」だの言われた日には、男性は「聞いたときになぜ言わないんだよ!」なんて言いたくなっちゃいますよね。

 

これを気づかずにやってしまっている女性、意外と多いんです。

 

 

例えば、洋食の好きな女性と和食の好きな男性がデートに行くと、つい陥りがちですよね。

 

「相手は私がしたいこと、嫌がるかもしれない…。」そんな感情は気遣いでも何でもありません。男性はあなたの希望が聞きたいのです。それが可能か不可能かは別の問題で、まずは素直な気持ちを聞かせてあげてください。

 

「どこでもいい」「なんでもいい」は真っ白な、線すら引いていない紙に、いきなり何のテーマもなく絵を書くように言われるようなものなのです。テーマを与えることこそが、相手への本当の気遣いとなることもあるのです。



好きな人を振り向かせるために…恋愛力を確認してみませんか?

恋愛力をアップさせる自己分析はこちら


 
トップページ 無料診断 復縁する方法