なんとなくから始まる恋

なんとなくから始まる恋

 

恋愛は、お互いの気持ちが「好き」という好意に変わった時に始まりますよね。

 

 

 

でも、中には、男性から好意を伝えられて、私自身は、全然好みのタイプではなかったんだけれど、なんとなく流れで交際がスタートしてしまった・・・という女性も多いのではないでしょうか。

 

 

 

交際することで、恋人同士になるのですが、このように交際が始まったカップルは本当に恋愛をしてる…と言われれば「?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。

 

 

 

こういった場合、男性から女性にアプローチをして、女性は愛されながら全て、受け身の状態で恋愛が始まるのでしょう。そのため、男性は片想いのときとは違って、気配りもしてくれるし、あなたを愛してくれるのなら、女性はなんら不満もなくつきあいができるかもしれません。

 

 

気持ちの内容で今後が変わる

でも、その男性を本当に「好き」なのでしょうか?その気持ちがあるかないかで、その後の恋愛の方向性がどんどん変わっていきます。

 

 

 

相思相愛で、晴れて恋人同士になったカップルもいますが、今回のケースのように、なんとなく流れで交際がスタートして、なんとなく好きという気持ちがあったかないのかわからないまま月日が過ぎ、気がついたら、かけがえのない人になっていた・・・ということもあるようです。

 

 

 

恋愛は、いつどんなきっかけでスタートするかわからないから面白いのです。

 

 

 

万が一、なんとなく交際がスタートしてしまったけれど、いつまで経っても彼に「好き」という思いが出てこない、という場合にはそれは恋愛ではないので、つきあうことを考え直した方が良いでしょう。

 

 

なんとなくから始まる恋のパターン

なんとなくから始まる恋のパターンは、付き合うきっかけが何もないように思えるけど、じつはお互い好意を持っていると感じる意思表示をなんらかのカタチで、また、なにかしらのタイミングで感じあっているハズです。

 

 

ふつうは・・・

 

【好きという気持ちを意思表示する】=【告白】

 

 

の方程式になんだけど、好きという気持ちを口に出せない、タイミングを失うと「告白しないままお付き合いが始まる」ことにつなってしまいます。

 

 

例を上げるなら・・・

A.告白⇒付き合う
一般的なパターン

 

B.連絡交換する⇒会う(繰り返し)
共有する時間が増え、お互い大切な存在だけど、意思表示のタイミングを失う

 

って感じかな。

 

 

Aのパターンの場合、「告白からのお付き合い」という一般的なパターンですっごくわかりやすいんだけど、なんとなくから始まる恋は「なにげない会話や態度で好意を伝えている」ものの、ストレートな意思表示ではないから、ふと思い出した時に記憶に残っていないことがほとんどなんですよね。

 

 

そのため、あいまいなまま・・・なんとなく付き合った恋愛という印象になってしまうわけなんです^^;

 

男性陣の意見を集めてみた

今回のテーマについても男性陣の意見を集めてみました。

 

「学生時代と違って、純粋な恋愛感がなくなって、だんだんなし崩し的に付き合っているような気がする。」

 

「話す機会が増えると食事に行ったりして、いつの間にか親密な関係になっていることもある。」

 

「いつもタイミングを失ってしまう。昔みたいにドキドキ感もなくなってきたしね^^;」

 

学生時代よりも社会人になってから、とくに告白することが少なくなったという意見もありました。男性としては、大人になるほどタイミングを失ってしまうみたいですね。

 



好きな人を振り向かせるために…恋愛力を確認してみませんか?

恋愛力をアップさせる自己分析はこちら

 

まとめ!

 

好きか嫌いかわからないけれど、デートするのはいいと思います。
接していくうちに、その男性のいいところを見つけることができて、好きになっていたというのはよくある話です。

 

でも、気持ちがわからず、ただ、ダラダラと月日を過ごすのはどうでしょうか?
それは、あなたにとって幸せなことなのでしょうか?

 

ただ、さびしいから…目ぼしい男性がいないから…と適当に付き合っていては、後で後悔してしまうかもしれませんよ。

 

 
トップページ 無料診断 復縁する方法