優柔不断と優しさの違いとは?

優柔不断と優しさの違いとは?

最近では、優柔不断な男性というのも増えてきたのではないでしょうか?

 

 

・「ノー」という言葉が言えない
・悩んだあげくに決断できず、相手をイライラさせてしまう

 

 

はっきり物事を言わなかったことで、後々ゴタゴタになり、人を傷つけてしまうという結果を招いてしまったりするなど、優柔不断はどちらかというとマイナスなイメージです。

 

 

 

しかし裏を返せば、相手主体の発想、自分本位よりも相手本位ということが、根底にはあるのかもしれません。

 

 

 

それは優しい人の特徴でもありますが、やはり結果として、優しさとは真逆の方向に行ってしまうこともあるのです。ときには、ノーと言える強さや、先を見据えての決断を下すことが本当の優しさに繋がります。

 

 

 

相手の気持ちばかりを考えて、決断を下せなかったり、本当の気持ちを伝えられなかったりしたのであれば、相手を困らせてしまったり、不安にさせてしまったりしてしまうのです。

 

 

 

ココがポイント!

もちろん優柔不断であることが、悪いことばかりを引き起こすわけではありません。よく言えば、慎重なタイプになりますし、物事をよく考えているという側面も持ち合わせているのです。

 

 

 

何事もバランスが大切です。

 

 

 

受け入れる場面とはっきり伝える場面、慎重に考える場面と迅速に決断する場面。両方をうまく使い分け、臨機応変に対応できることが、本当の意味での優しさなのかもしれません。



好きな人を振り向かせるために…恋愛力を確認してみませんか?

恋愛力をアップさせる自己分析はこちら


 
トップページ 無料診断 復縁する方法