鏡を見ること、メイクをすること

鏡を見ること、メイクをすること

お肌の曲がり角は、確かに存在します。それが顕著に現れるのは30歳。肌のハリは失われ、クスミやタルミ、シミ、そばかすなどが気になり始めます。

 

20代は日焼けをしても気にしなかったし、メイクをしなくても肌そのものがキレイでした。けれど30歳を過ぎると、肌のお手入れをしているかしていないかは、大きな違いが出るのです。

 

そして35歳を過ぎてからは究極的には「オバサン」と「女性」の2つに別れてしまうのです。

 

みなさん、まずはきちんとメイクをしましょう。メイクをすることで、毎日鏡に向き合う、つまり現在の自分に向き合う時間を作ることができるのです。顔とか表情とか、自分の顔でも、改めて知ることが多いのに気づかされます。

 

メイクをすること自体が自分をよりよく見せようという行為なのですから、神経も使います。自分自身に細心の注意を払うことでもあるのです。それを毎日している人とそうでない人とでは大きな差ですよね。

 

女性はメイクがうまいと人生が変わるなんて言葉も、まんざら嘘ではないと思います。何も、高級化粧品を売りつけようとするのではありません(笑)。もちろん、年齢相応な上品さというのは外見だけではなく、内面のケアも大切。あなたの周りにいる女性を見れば一目瞭然ですよね。



好きな人を振り向かせるために…恋愛力を確認してみませんか?

恋愛力をアップさせる自己分析はこちら


 
トップページ 無料診断 復縁する方法