勘違いな人になっていませんか?

「勘違いな人」になっていませんか?

想像してみてください。

 

もしあなたがまだ知り合って間もない相手に直筆の手紙を書くとするなら、急にあらたまった感じがして妙に緊張してしまうでしょうし、言葉も一つひとつ選んで何度も読み返すでしょう。

 

 

わざわざ手紙を書いているのですから当然です。

 

けれどもこれがメールの場合ではどうでしょうか。

 

今は誰との間でもメールが普通にやりとりされているのですから、どのような内容であっても送る側も受け取る側も抵抗はないでしょう。

 

 

出会ったばかりの相手に、気のおけない友達とやりとりするような感覚で、時間のあるときに、自分の好きな話題をパッとメールを送って「積極的に」行動していると勘違いしていませんか?

 

 

けれども実は、仕事が忙しいタイミングで送られてきたメールや返信に困るようなまったく共通した話題ではない内容のメールは、相手の心に何の印象も残さないことが多いのです。

 

 

逆に言えば、受け取る側の気持ちを考慮したような思いやりのあるメールは1日に受け取る多くのメールの中でも際立ち、相手に好印象を与えることができます。

 

 

メールは簡単に送れてしまうのが利点でも欠点でもあるのです。

 

 

いきおいで送信ボタンを押すのではなく、何度か読み返して相手の気持ちや状況を考えて言葉を選んでから送りたいものです。ビジネスマナーとしても当たり前ですね。



好きな人を振り向かせるために…恋愛力を確認してみませんか?

恋愛力をアップさせる自己分析はこちら


 
トップページ 無料診断 復縁する方法