女性は家庭に入るべき?

女性は家庭に入るべき?

「女性は結婚したら家庭に入るべき」という一昔前には常識だったこの考え方について、現代を生きる女性のみなさんはどう思いますか?

 

「そうだったら楽だったな」と思いますか?「そんなのは女性に対する差別だ」と嫌な気気持ちになりますか?

 

 

女性がこの考え方に様々な意見を持っているように、現代の風潮の中で、男性の意見も実に多様化しています。

 

 

相変わらず、「結婚をしたら、女性には仕事をやめてもらって、家庭のことに専念してもらいたい」と考えている男性もいますし、「今は共働きの時代だから、仕事をしつつ、一緒に家庭をつくっていきたい」と考える男性も多いです。

 

 

その実、「実際に共働きをしていても、家事のシェアはどうしても女性の方が重くなるなら、結婚したら仕事を辞めたい」と考える女性もいるそうです。

 

こればかりは、個人の価値観や考え方、理想や仕事場の現状が色々ありますから、一概になにかを言えることではありませんよね。

 

 

ただし、相手の考えと自分の思いとには、差があるのが普通だという気持ちを忘れないでいましょう。

 

 

そして、もしお互いの意見が食い違ってしまったとしても、ゆっくり時間をかけて話し合って、折衷案を出したり、お互いにとって納得がいく結論を出したり、一緒に人生と家庭について考える時間をとることは大切ですよ。



好きな人を振り向かせるために…恋愛力を確認してみませんか?

恋愛力をアップさせる自己分析はこちら


 
トップページ 無料診断 復縁する方法